シンポジウム「首都圏の災害史研究の現在」(第109回例会)開催の御案内

首都圏形成史研究会では、下記のとおりシンポジウム(研究例会)を開催いたします。
会員外の方も参加できます。多くの方のご参加をお待ちしております。


首都圏形成史研究会 第109回例会
シンポジウム 首都圏の災害史研究の現在

〔日時〕2018年9月8日(土) 13:30~17:00
〔会場〕神田外語学院本館7階講堂(東京都千代田区内神田2-13-13)
〔主催〕首都圏形成史研究会
〔共催〕公益財団法人土木学会土木史研究委員会 岩井田家資料研究会
〔後援〕神田外語大学日本研究所

・報告① 首都圏災害史研究会・土田宏成(神田外語大学)
    「自治体史にみる首都圏の災害史
     -「首都圏災害史年表」作成の中間報告を兼ねて-」
・報告② 谷口裕信(皇學館大学)・濱千代早由美(帝塚山大学)
    「利根川・渡良瀬川合流地域の自然災害
     -旧伊勢御師岩井田家宛の書簡から-」
・報告③ 土井祥子(東京大学大学院工学系研究科)
    「近代土木史としての帝都復興事業」

・コメント 鈴木淳(東京大学)
      諸井孝文(株式会社 開発設計コンサルタント)

・討論・質疑応答 司会 吉田律人(横浜開港資料館)


【シンポジウム 首都圏の災害史研究の現在趣旨】
 本シンポジウムは、主に近現代において首都圏で発生した災害の歴史について、研究の現状がどのようになっているのかを報告し、今後の課題や分析視角を考えるものである。首都圏の歴史的な災害として、真っ先に挙げられるのは、いまから 95 年前の 1923 年に東京・横浜を中心に 10 万 5 千余の死者・不明者を出した関東大震災である。
 しかし、大規模な被害が生じるのは震災だけではない。木造家屋が密集していた市街地では、風などの天候条件によって火災はしばしば大火となった。首都圏が広がる関東平野には、利根川、荒川、多摩川などが流れ水害も繰り返し発生した。山間部では土砂災害、海岸部では台風などによる高潮災害もあった。
 首都圏に限らないが、日本では多様な災害の発生可能性があり特定の災害に注目するのでは不十分である。そこで、首都圏形成史研究会では、小研究会「首都圏災害史研究会」を組織し、首都圏の災害の歴史に関するデータの収集・整理に着手した。都県・市区町村などが地域の歴史を編さんした図書(自治体史)などをもとに「首都圏災害史年表」を作成している。今回は、その中間報告として首都圏各地域の災害の特徴について報告する。伊勢神宮に関する研究者からは、伊勢御師の家に残された史料から読み取れる地域の災害という、ユニークな視角からの報告がある。
 土木学会土木史研究委員会では、最近、土木史の教材である『図説 近代日本土木史』(鹿島出版会)を刊行した。同書で「災害からの復興 帝都復興事業」の章を担当した研究者が、土木史の観点からみた帝都復興事業について報告する。
 これらの報告をもとに討論をおこない、首都圏地域の多様な災害に関心を払いながら、2023 年の関東大震災 100 周年に向けた課題を示したい。


 

第108回例会開催の御案内

首都圏形成史研究会では、下記のとおり総会及び研究例会を開催いたします。
会員外の方も参加できます。多くの方のご参加をお待ちしております。


首都圏形成史研究会2018年度総会&第108回例会

【日時】2018(平成30)年6月30日(土)
【会場】神奈川県立歴史博物館 講堂(横浜市中区南仲通5-60)

【内容】
○2018年度総会 13:00~13:30
○特別展「神奈川県博開館51周年記念 つなぐ、神奈川県博」見学会 13:30~14:00
○ミニシンポジウム「軍事遺跡の保存と活用―神奈川・東京・千葉の事例から―」14:00~17:00
 ・千葉毅(神奈川県立歴史博物館) 14:10~14:40
   横浜市港北区日吉一帯における戦争遺跡をめぐる活動の現状―
 ・吉田政博(板橋区教育委員会) 14:40~15:10
   東京における軍関係遺跡の現状―陸軍板橋火薬製造所跡の価値と整備―
 ・高木彬夫(赤レンガをいかす会) 15:20~15:50
   明治前期のレンガ建築をどう活かすか―陸軍教導団の武器庫の事例―
 ・コメント:上山和雄(横浜都市発展記念館) 15:50~16:10
 ・リプライ・討論 16:20~17:20

※2018年度総会以外、すべて参加自由。希望者は当日、会場にお越しください。

2018年6月9日 | カテゴリー :

第107回例会開催の御案内

首都圏形成史研究会では、下記のとおり研究例会を開催いたします。
会員外の方も参加できます。多くの方のご参加をお待ちしております。


首都圏形成史研究会第107例会

【日時】2018年2月17日(土)13:30~17:00
【会場】横浜開港資料館 講堂(横浜市中区日本大通3)
【共催】幕末・明治の茶業と日米交流史研究会
【内容】
・報告1 鎮目 良文(たばこと塩の博物館)
    「粟倉大輔『日本茶の近代史』書評」13:30~14:20
    粟倉 大輔(中央大学)
    「リプライ」14:20~14:50
・報告2 櫻井 良樹(麗澤大学)
    「横浜における最初期の茶貿易について―中山元成とG・R・ホール―」15:00~16:00
・報告3 西澤 美穂子(専修大学)
    上山 和雄(横浜開港資料館・横浜都市発展記念館)
    「中山元成史料中のペリー来航関係記録について」16:00~16:30

第107回例会チラシ(PDFファイル)

2018年1月18日 | カテゴリー :

【重要】第106回例会タイムテーブル変更のご案内

過日お知らせした首都圏形成史研究会第106回例会については、
諸事情によりタイムスケジュールを下記のように変更します。

変更は見学会に関わるものであり、
合評会の開催時間には変更ございませんことを付言いたします。

【日時】2017年11月26日(日)13:30~16:00
【会場】横浜開港資料館 講堂

13:30~14:00 横浜開港資料館平成29年度第3回企画展示見学会(自由見学)
14:00~16:00 石榑督和著『戦後東京と闇市 新宿・池袋・渋谷の形成過程と都市組織』合評会
16:00~17:00  横浜都市発展記念館平成29年度企画展見学会(自由見学)

2017年11月17日 | カテゴリー :

第106回例会開催の御案内

首都圏形成史研究会では、下記のとおり研究例会を開催いたします。
会員外の方も参加できます。多くの方のご参加をお待ちしております。


首都圏形成史研究会第106例会
○第一部「石榑督和著『戦後東京と闇市 新宿・池袋・渋谷の形成過程と都市組織』合評会
【日時】2017年11月26日(日)14:00~16:30
【会場】横浜開港資料館 講堂
【書評者】 阿南透(江戸川大学)・青木祐介(横浜都市発展記念館)
【リプライ】 石榑督和(東京理科大学)

○第二部「横浜開港資料館平成29年度第3回企画展示『開港場横浜の原風景-350年の歴史を探る-』見学会
【日時】2017年11月26日(日)16:30~17:00
【会場】横浜開港資料館 企画展示室


『戦後東京と闇市』書影(著者提供)

2017年10月17日 | カテゴリー :

第105回例会開催の御案内

首都圏形成史研究会では、下記のとおり研究例会を開催いたします。
会員外の方も参加できます。多くの方のご参加をお待ちしております。


【日時】2017年9月30日(土)14:00~17:00
【会場】國學院大學渋谷キャンパス 3号館 4階 3403教室
【報告者】半戸文(國學院大學大学院)「研究報告」
     鈴木勇一郎(立教学院史資料センター)「研究報告」

2017年8月19日 | カテゴリー :

2017年度総会・及びシンポジウム「『さいたま市史 鉄道編』をめぐって」(第104回例会)開催の御案内

◆2017年度総会
【日時】2017(平成29)年6月3日(土) 13:00~13:20
【会場】鉄道博物館てっぱくホール(埼玉県さいたま市大宮区大成町3丁目47番)

◆シンポジウム(第104回例会)
『さいたま市史 鉄道編』をめぐって

【日時】2017(平成29)年6月3日(土) 13:30~17:00
【会場】鉄道博物館てっぱくホール(埼玉県さいたま市大宮区大成町3丁目47番)
※総会に続いて開催
【主催】首都圏形成史研究会 【共催】鉄道博物館/鉄道史学会

報告1 老川慶喜(跡見学園女子大学)
「鉄道のまち「大宮」の誕生」

報告2 高嶋修一(青山学院大学)
「戦前期の都市化と鉄道―京浜東北線開業前後のさいたま市域―」

報告3 岡部桂史(立教大学)
「大宮工場の成立と発展―日本鉄道から国鉄へ―」

報告4 栗田尚弥(沖縄東アジア研究センター)
「戦時期の鉄道―埼玉県の場合―」

報告5 恩田睦(弘前大学)
「高度成長期の鉄道と新幹線問題」

コメント 嶋理人(秀明大学)

司会 吉田律人(横浜開港資料館)/手塚雄太(國學院大學)

シンポジウム(第104回例会)ポスター
シンポジウム(第104回例会)チラシ

第103回例会「予科練平和記念館見学会&研究報告」開催の御案内

首都圏形成史研究会では、下記のとおり研究例会を開催いたします。
会員外の方も参加できます。多くの方のご参加をお待ちしております。


〔研究例会〕第103回例会
予科練平和記念館見学会&研究報告

〔日時〕2017(平成29)年2月25日(土) 13時00分~17時00分
〔会場〕予科練平和記念館(茨城県稲敷郡阿見町廻戸5−1)
〔アクセス〕JR常磐線・土浦駅西口バス停1番乗り場
関東交通バス「阿見中央公民館」行 「阿見坂下」停留場下車
JRバス「江戸崎方面」行 「阿見」停留場下車

〈施設見学〉 13時00分~14時00分
豊崎 尚也(予科練平和記念館)
 予科練平和記念館をめぐる

〈研究報告〉 14時00分~17時00分
栗田 尚弥(沖縄東アジア研究センター
 センピル飛行団について

高村 聰史(横須賀市史編さん係)
 海軍航空と横須賀

【第103回例会チラシ(PDF)】

2017年2月11日 | カテゴリー :

第103回例会開催予告

第103回例会は以下の内容で開催予定です。
詳細が決まり次第、再度お知らせいたします。
なお、お問い合わせは本ウェブサイトの「問い合わせ」欄からお願いいたします。

予科練平和記念館見学会(仮)

〔日時〕2017(平成29)年2月25日(土)

〔会場〕予科練平和記念館(茨城県稲敷郡阿見町廻戸5-1)

2016年11月5日 | カテゴリー :

第102回例会「近代都市の社会集団論」開催の御案内

【研究例会】第102回例会
近代都市の社会集団論―伊藤久志『近代日本の都市社会集団』刊行によせて―

〔日時〕2016(平成28)年11月27日(日) 13時30分~
〔会場〕青山学院大学青山キャンパス14号館(総研ビル)11階第19会議室

報告1 白木澤涼子(北海道大学大学院)
「町会(任意団体)から町内会(準地方公共団体)への転換―全戸加入の論理と氏子団体・行政区・連合町会―」

報告2 高嶋修一(青山学院大学)
書評 伊藤久志『近代日本の都市社会集団』
リプライ 伊藤久志(横須賀市史編さん室)

【第102例会チラシ及び会場案内(pdf)】

2016年10月24日 | カテゴリー :