『年報 首都圏史研究 2016』(第6号)刊行

会誌『年報首都圏史研究』の最新号を刊行いたしました。
お買い求めをご希望の方はその他問い合わせフォーム(http://shutokenshi.org/others/)よりお申し込み下さい。価格は1500円です。


『年報 首都圏史研究 2016』(第6号)

■論文
戦時期の肥料流通――神奈川県藤沢町・山本松五郎家の事例から――  坂口 誠
昭和初期の首都圏における御用邸の再編――初声御用邸計画に注目して――  武田周一郎

■首都圏歴史随想
ムッソリーニは子煩悩? ――歴史資料としての新聞記事・考――  白石弘之

■書評
吉田律人『軍隊の対内的機能と関東大震災』 ~警察史の視点から 宮地忠彦
吉田律人『軍隊の対内的機能と関東大震災 明治・大正期の災害出動』  中野 良

■首都圏形成史研究会活動報告
○第96回例会
○第97回例会
報告要旨 都市知識人による府会支配:明治12~14年の東京  池田真歩
報告要旨 栃木県における酒造組合の成立過程  白田拓郎
○第98回例会
報告要旨 柏の軍事施設から考える 櫻井良樹
報告要旨 「首都圏と軍隊」の現在――研究の現状と今後の課題について――  吉田律人
報告要旨 今後考えられるいくつかの論点  土田宏成
参加記  首都圏形成史研究会第98回例会参加記  手塚雄太

■首都圏新刊案内